ホーム > ストレージ投資とは > ターゲット設定がストレージ投資成功の鍵 利用者ってどんな人?

ターゲット設定がストレージ投資成功の鍵 利用者ってどんな人?

key
(写真=Jirsak/Shutterstock.com)

トランクルームやコンテナなど、レンタル収納スペースへの投資は「ストレージ投資」(または、「セルフストレージ投資」)と呼ばれます。近年注目を浴びているストレージ投資を、これから始めようと考えている方もいることでしょう。

ストレージ投資を成功させるためにはターゲット設定が非常に重要です。ターゲットとなる利用者とストレージの広さについて考えてみましょう。

トランクルームやコンテナはどんな人が利用しているの?

レンタル収納スペースとして貸し出されるトランクルームやコンテナなどのストレージは、一般的に頻繁には利用しない物の保管に利用されます。ストレージのターゲットとなる利用者は、個人や法人など、さまざまです。

個人は、戸建てよりマンションやアパート住まいの方の利用が期待できます。戸建ては収納スペースが多く、追加の収納スペースのニーズはそれほど無いようです。マンションやアパート住まいの方は、住んでみたら収納が不足しているなどの理由で、ストレージの利用を見込めます。

法人は、あまり収納スペースを確保できない事業者を利用者として見込めます。ビルに入居している事業所などは、倉庫があってもスペースが限られることが多く、倉庫に収まらない物の保管にストレージを利用することがあるようです。

個人や法人の利用例

個人の利用例をいくつか挙げます。期間限定の長期出張にて、今までの住まいを退去する場合にはストレージの利用が有効です。出張先での住まいはウィークリーマンションなどで広くない場合、出張中に使わない家具などをストレージに保管することで、長期出張の対応ができます。

別の例では、増え過ぎた趣味のコレクションをストレージへ綺麗に配置し、ストレージをコレクションのショールームのように利用することが可能です。また、家のリフォームや引っ越しなどで、家具などを期間限定で移動しなければならない場合、ストレージを一時的な保管場所として利用することができます。

法人の利用例では、先に述べたように倉庫スペースに限りがある場合、ストレージのニーズが期待できます。保管期限が決められている文書や書類で、普段参照することのない物は、ストレージ保管に適しているでしょう。イベント用の機材や備品などは、イベント時のみ利用するため、普段はストレージへの保管を希望されているかもしれません。

製品の在庫の保管について、普段からストレージを倉庫代わりに利用する、一時的に増えた在庫の仮置き場としてストレージを利用するなど、製品の倉庫としての利用も可能です。また、法人の引っ越しの際にも、事務用品などの仮置き場として利用が期待できます。

広さ別の利用

ストレージの広さは、0.5畳から5畳ほどが多いようです。中には8畳や20畳など、広いスペースを提供しているトランクルームやコンテナもあります。

0.5畳では、衣料ケースや段ボールなど数個程度のスペースになります。衣類や小物、書籍など、それほどスペースを必要としない物の保管に適しています。1畳では、布団や洗濯機、冷蔵庫、テレビなどを保管できます。シングルベッドの保管であれば1.5畳に、ダブルベッドの保管であれば2畳に保管できます。3畳になればある程度まとまった荷物の保管できるスペースになります。

5畳では、一部屋分くらいのスペースになりますので、かなり多くの物を保管できるでしょう。8畳になると、家の建て替えやリフォームの際の家具の保管など、大きな物を複数保管できるスペースになります。

利用者を研究することが成功への道

ストレージ投資のうま味やリスクを理解したら、予定している場所の近くにターゲットとなる利用者がいるか、確認することが重要になります。マンション投資でいう「空室」を出さないためにも、場所や大きさ、用途などを多角的に研究する必要があるでしょう。

【オススメ記事】
初心者必見 セルフストレージ経営の3つの心得
気をつけたいストレージ投資の失敗ポイント 成功するためのノウハウ4選
トランクルーム投資?コンテナ投資?違いを知って始めよう
荷物を預けるだけじゃない コンテナは投資対象だと知っていますか?
投資にリスクはつきもの ストレージ投資のリスク回避術