ホーム > ストレージ投資で資産運用 > 金、銀、プラチナだけじゃない 知っておきたい投資できる貴金属

金、銀、プラチナだけじゃない 知っておきたい投資できる貴金属

(写真=GracePhotos/Shutterstock.com)

貴金属への投資は、インフレやデフォルトなどに強いといわれています。一般的に、経済リスクが高まると金などの貴金属に資金が流入する傾向があります。そのため、株などの金融資産のリスクヘッジに貴金属投資を利用することができます。

貴金属投資というと、金、銀、プラチナが思い浮かびますが、それ以外にも投資できる貴金属があるのです。

貴金属投資の方法

貴金属投資の代表的な方法として、積立購入、硬貨(コイン)、地金(じがね)、ETF(上場投資信託 Exchange Traded Fund)、CFD(差金決済取引 Contract For Difference)があります。それぞれの方法について簡単に説明していきましょう。

積立購入
積立購入は、純金積立のテレビCMなどでご存じの方も多いのではないでしょうか。月数千円から積立ができ、長期に渡る定期購入のため価格変動リスクが低く、長期的な資産形成に有効と考えられています。

硬貨(コイン)
硬貨は、金貨に代表されるように一般に知れ渡っていて、大きく分けて記念型と地金型の2種類があります。記念型は、イベントの記念で発行される硬貨です。希少価値などで価値の変動があり、記念型は投資には不向きといえます。

硬貨への投資は、地金型硬貨の選択が望ましいでしょう。硬貨は、少額から投資できるメリットがある反面、次に述べる地金に比べ割高になるデメリットがあります。

地金
地金は、金の延べ棒に代表される貴金属の塊です。品位、重量、地金番号などが表面に刻印されています。硬貨に比べデザインや加工などのコストが低く、同重量では硬貨より割安になります。小さな地金(金の場合は500グラム未満など)は、一般的に購入と売却の両方で手数料がとられるため注意が必要です。

ETF
ETFとは、投資信託を証券市場に上場したもので、株のように取引きすることができます。投資信託と同様に、貴金属ETFの価格は貴金属の価格に連動しています。ETFは、数千円や数万円からの投資が可能です。

CFD
CFDとは、FX(外国為替証拠金取引)の拡張版のような商品で、証拠金を払って行う取引です。買いと売りの両方で取引でき、下落局面でも利益を得ることが可能です。

CFDでは、20倍などの大きなレバレッジをかけることができます。CFDは、ハイリスク、ハイリターンの商品といえるでしょう。上手く取引できれば大きな利益を得ることができますが、失敗すると証拠金を上回る損出を出すこともあります。

貴金属投資の投資対象は

貴金属の投資対象は、金、白金(プラチナ)、銀、パラジウムがあります。2000年頃からネット投資が頻繁に行われるようになったこともあり、貴金属の価値が上がっています。


貴金属投資の代表といえば、やはり金です。昔から、希少性と美しさから、金は価値がある資産と世界中で考えられています。地金のサイズは、一般的に5グラムから1キログラムまで数種類あります。価格は、1キログラムで500万円弱(2017年6月15日時点)になります。

白銀(プラチナ)
白金は、希少性が高く、宝飾品として人気があります。金属としての特徴は、熱に強く、耐久性に優れています。白金地金も金地金と同様、資産用に所有できます。地金1キログラムで400万円弱(2017年6月15日時点)です。


銀は、錆びることなく、腐食もしない貴金属です。また、細菌が繁殖しないことから殺菌や消臭を目的として、衣服などにも使われています。地金は金や白金よりもかなり価格が低く、地金のサイズは300グラムから30キログラムなどの重量があります。銀地金30キログラムで、200万円強(2017年6月15日時点)になります。

パラジウム
パラジウムとは、柔らかい銀白色の貴金属で、宝飾用以外に、水素吸蔵合金や電子材料など、幅広く利用されています。パラジウムは、金や白金に比べ市場規模が小さく、投資情報が少ない分、投資成功のチャンスが大きいかもしれません。

有効なリスクヘッジとして

投資の方法として紹介した中で、CFD以外は比較的安定した投資とされています。貴金属は埋蔵量に限りがあると考えられており、無価値になることはないといわれています。ポートフォリオに安全資産として貴金属投資を組み込むことも、有効なリスクヘッジとなるでしょう。

【オススメ記事】
初心者必見 セルフストレージ経営の3つの心得
気をつけたいストレージ投資の失敗ポイント 成功するためのノウハウ4選
トランクルーム投資?コンテナ投資?違いを知って始めよう
荷物を預けるだけじゃない コンテナは投資対象だと知っていますか?
投資にリスクはつきもの ストレージ投資のリスク回避術